江上光治(池田高校)の現在や大学はどこに?結婚や子供は?当時の戦績がスゴイ!(バース・デイ)

出典:https://www.google.com

江上光治(池田高校)の現在や大学はどこに?

結婚や子供は?当時の戦績がスゴイ!(バース・デイ)

皆さん、こんにちは!リッツです!

第101回高校野球選手権大会は履正社高校の

初優勝で幕を閉じました!

いい試合でしたね!

今までの甲子園大会では数々の名場面があり

今回の「バース・デイ」で記憶に残った2人が

紹介されます!

その一人である池田高校の江上光治さんについて

調べてみます!

皆さんも一緒に確認していきましょう!

スポンサーリンク

江上光治さんのプロフィールについて!

江上光治さんのプロフィールについて!

名前:江上光治

生年月日:1965年4月3日生まれ

年齢:54歳

出身:徳島県

高校:池田高校

ポジション:外野手

昔からの高校野球ファンには懐かしいフレーズといえば

池田高校の「やまびこ打線」

とにかく打力が凄くて攻めに攻めた高校であり

蔦監督の明るい性格も人気を集めたひとつの

要因でありますね!

そんな池田高校の82年夏、83年春の連覇に

貢献したのが、江上光治さんなんですね!

江上光治さんが本格的に野球を始めたのは

鴨島第一中の時であり、監督からリーダーシップと

寛容な性格が認められ主将をやったそうです!

高校はどうしても池田高校で野球がやりたかったが

スカウトがかからず。

同じチームメイト2人が池田高校に入学するということで

おまけで入れてもらったとのこと。

そんな人が3番キャプテンとしてチームの中心選手であり

エースの水野選手(巨人)と一緒に注目選手に

なるなんてすごいですね~!

江上光治さんは池田高校を卒業後

どのような生活を送ったのでしょうか?

次に調べてみます!

江上光治さんの大学はどこ?

江上光治さんの大学について!

甲子園での大活躍や連覇したチームの

主将として注目選手となった江上光治さんは

監督に「プロ野球選手になりたい」と直訴した

みたいですが、監督からは

「プロで通用するような素材ではない」

言われ大学進学をすることにしたそうです!

大学は早稲田大学に進学しております!

早稲田大学でも野球を続け、甲子園でホームランを

打った強打者として注目されていたそうです!

しかし大学では野球部の主将を務めるもイメージが

先行して苦労したとのことです。

注目が大きかった分、打てなかったりしたら批判や

周りの目が気になったんでしょうね・・

プロの世界に行くことはできなかったのですが、

大学卒業後は日本生命に入社。

そこでも野球を続けられ、都市対抗野球や

日本選手権に優勝する活躍を見せております!

社会人野球をする人も限られた人しか

することはできず、多くの人は大学あらプロになるか

社会人で野球を続けるか、そこで断念して一般企業に

就職するかの選択となる人が多いと思いますが、

ここまで野球を続けられたのは江上光治さんの

センスとやはり主将としての責任感や人望でしょうね!

江上光治さんの現在は?仕事は何をしている?

江上光治さんの現在について!

出典:https://www.google.com

日本生命では、5年間現役として活躍し

その後はマネージャーなどの裏方を7年間

34歳で現役を引退しております!

その後は日本生命で営業マンとして働いておりますね!

調べてみますと42歳の時に地元徳島に異動し

2016年時点では久留米支社に異動。

久留米支社の法人職域および公務担当部長として

活躍されております!

以前の情報ですので、現在の仕事、職場、役職などは

かわっていると可能性もありますので、番組で情報ありましたら

追記致します!

江上光治さんは結婚している?子供は?

江上光治さんは結婚している?子供は?

現在53歳の江上光治さんですので、

ご結婚されている年齢でも全然おかしくありませんし、

子供も大きくなって成人されているかも

しれません。

しかし、結婚の情報やお子さんの情報は

まったくありませんでしたね・・・

そりゃ一般の方ですので、公表なんかしてませんね。

もしお子さんがいて、男の子で、野球をして

甲子園に出場して、今も大学か社会人で

野球をしているとかでしたらかなり素敵ですね!

早稲田、日本生命で野球をしていた父がいるなら

頑張ってプロ目指しているかもですね~!

勝手な想像ですが、番組で情報ありましたら

追記致します!

池田高校の当時の戦績について!

池田高校の当時の戦績について!

春夏連覇の池田高校やまびこ打線の甲子園での

戦績です!

第64回全国高校野球選手権大会(1982年)

◇1回戦

池田高校vs静岡高校 5対2

◇2回戦

池田高校vs日大二 4対1

◇3回戦

池田高校vs都城 5対3

◇準々決勝

池田高校vs早稲田 14対2

◇準決勝

池田高校vs東洋大姫路 4対3

◇決勝

池田高校vs広島商 12対2

第55回選抜高校野球大会(1983年)

◇1回戦

池田高校vs帝京 11対0

◇2回戦

池田高校vs岐阜第一 10対1

◇準々決勝

池田高校vs大社 8対0

◇準決勝

池田高校vs明徳 2対1

◇決勝

池田高校vs横浜商 3対0

第65回全国高校野球選手権大会(1983年)

◇1回戦

池田高校vs太田工 8対1

◇2回戦

池田高校vs高鍋 12対0

◇3回戦

池田高校vs広島商 6対3

◇準々決勝

池田高校vs中京 3対1

◇準決勝

池田高校vsPL学園 7対0 敗戦

準決勝で負けた相手はPL学園で桑田真澄さんや

清原和博さんがいたチームに敗戦し、ここから2人の

KKコンビが大活躍していきましたね!

ここまで負けない池田高校はほんとうに

強かったのでしょう!!

スポンサーリンク

最後にまとめ

最強池田高校で主将を務めた江上光治さんに

ついて調べてみました!

・江上光治さんは中学から野球を始め

池田高校にはチームメイトのおまけで入学した

・やまびこ打線の中心選手として春夏連覇を

達成したやまびこ打線の主将を務めていた

・大学は早稲田大学に進学しここでも主将を務める

・日本生命に入社し野球部に所属。その後は

34歳で引退し、営業の仕事を行う。

・結婚やお子さんの情報については情報が

ありませんでした。

以上、調べてわかった情報です!

最後までご覧頂き、有難うございました!