笹倉世凪(仙台育英)のMAXは何キロ?読み方や出身は?伊藤樹と同じ中学で二人はプロ注目選手!

出典:https://www.google.com

笹倉世凪(仙台育英)のMAXは何キロ?

読み方や出身は?伊藤樹と同じ中学で

二人はプロ注目選手!

皆さん、こんにちは!リッツです!

第101回全国高校野球選手権大会!

8月6日に開幕となり、今年も白熱した戦いと

感動を与えてくれることでしょう!!

今回の注目選手紹介は、仙台育英

「笹倉世凪」選手です!

笹倉世凪選手について調べてみましょう!

その他甲子園での注目選手はこちら!

スポンサーリンク

笹倉世凪選手のプロフィールについて!

笹倉世凪選手のプロフィールについて!

出典:https://www.google.com

名前:笹倉世凪

生年月日:2003年5月14日生まれ

年齢:16歳

身長:176㎝

体重:76キロ

中学:秀光中

ポジション:投手

投打:左投げ左打ち

小学生の時に花泉スポーツ少年団で野球を始め

東北楽天ゴールデンイーグルスジュニアのチームに

入団する。

その後中学野球の名門である秀光中にて1年生から

活躍し、全国大会で好成績を残し注目が集まる。

そして今年仙台育英高校に入学し、1年生ながら

メンバー入りとなり、今回の甲子園でどんな活躍を

する選手なのか、楽しみである!

まさに野球エリートの怪物笹倉世凪選手ですね!

何が凄いって中学時代に記録した最速スピードが

中学生では考えられないスピードを計測している

ことです!

調べてみましょう!!

笹倉世凪選手のMAX球速は何キロ?

笹倉世凪選手のMAX球速について!

現在、笹倉世凪選手のMAX球速は

なんと!!!147キロです!!

しかも中学生の時に記録しているってのが

びっくりです!!

しかも左腕投手ということで、間違いなく世代

左腕のナンバー1投手と言えるでしょう!

同じ1年生で高知高校の森木投手が150キロ

記録しておりますが右の森木、左の笹倉と呼ばれる

日がくることでしょうね!!

中学時代の投球している動画はこちら!

コントロールも抜群にいいみたいですね!

こりゃこの大会注目ですね!!

笹倉世凪選手の読み方は?

笹倉世凪選手の読み方について!

よし!覚えよう!と思っても読み方

わからなければ、ダメですよね(笑)

笹倉(ささくら)は読めますが、下の名前の

世凪が読めない人いませんでした??

僕だけでしょうか??

読み方は笹倉世凪(ささくらせな)です!

ここで高校野球ファンなら、あっ!と気づいた

人もいるかと思いますが、仙台育英には以前

佐藤世那投手がいたの覚えていますか??

そう!同じ(せな)君です(笑)

仙台育英の準優勝に大きく貢献したピッチャー

プロ野球選手にもなった人ですね!

出典:https://www.google.com

同じ(せな)として(せな)越えの

甲子園優勝に貢献してほしいですね!

笹倉世凪選手の出身について!

笹倉世凪選手の出身について!

笹倉世凪選手は岩手県花泉町(現一関市)

出身ですね!

岩手県出身のプロ野球選手と言えば、

大谷翔平選手や、菊池雄星選手、銀次選手など

今も活躍しているプロ野球選手が多くいらっしゃい

ますね!!

笹倉世凪選手もそういった選手になれる

可能性は十分にある選手ですので、

活躍が期待されますね!

笹倉世凪選手と伊藤樹選手はプロ注目!

笹倉世凪選手と伊藤樹選手について!

実は仙台育英高校にはもう一人怪物が

入学しているのはご存知ですか??

その選手は伊藤樹選手です!

出典:https://www.google.com

伊藤樹選手もMAX144キロの快速球を投げる

ピッチャーであり、笹倉世凪選手と同じく

1年生ながらメンバー入りを果たしております!

笹倉世凪選手が背番号11で伊藤樹選手が背番号18

ですが、笹倉世凪選手が先発し、伊藤樹選手が

抑えるこのリレーが甲子園でも見れることでしょう!

お互い1年生とは思えないスピードどマウンド度胸を

兼ね備えており、3年生になるとどんな投手になるのか?

楽しみですね!!

同じくプロ注目選手の近藤遼一選手について!

スポンサーリンク

最後にまとめ

仙台育英高校のスーパー1年生の

笹倉世凪選手について調べてみました!

・笹倉世凪選手は東北楽天ゴールデン

イーグルスジュニアに所属しており、秀光中では

全国大会でも大活躍。

・笹倉世凪選手はMAX147キロ左腕!

・笹倉世凪選手の読み方は(せな)であり

出身は岩手県一関市出身。

・伊藤樹選手と同じく1年生ながらメンバー入り

しており、早くも注目選手に!

活躍が楽しみですね!

最後までご覧頂き、有難うございました!